第31回 日本有病者歯科医療学会学術大会

大会長挨拶

HOME

大会長挨拶

最後のお願いに参りました

日本歯科大学生命歯学部歯科麻酔学講座
第31回日本有病者歯科医療学会学術大会大会長 砂田勝久

砂田勝久

 学術大会まで余すところ10日余りとなりました。改めてプログラムをご覧いただくと、歯科界の進むべき道、本学会専門医と歯科専門医機構専門医の関係、保険収載のシステムの3つの特別講演がまず目に止まります。また、有病者歯科医療に欠かせない精神鎮静法、医科領域でもたびたび引用されている抗血栓療法患者の抜歯ガイドライン、ますますニーズが高まっている訪問歯科医療、近年話題のオーラルフレイルとポリファーマシー、社会全体で盛り上げなければならない脱タバコ運動など多くの講演、シンポジウムが並んでいます。
 さらに歯科専門医機構専門医の申請・更新に必要な共通研修(必須でありながら受講する機会の少ないテーマです)、パンデミックを乗り切るために必要なICD認定講習会、AHA-BLSコースに加えて日歯生涯研修事業に認定された教育講演など資格取得に役立つ研修会・講習会も目白押しです。
 140題を越える一般演題も含めて多くの学びが詰まっている本学術大会に、父ちゃん、母ちゃん、じいちゃん、ばあちゃんから八百屋のおじさんまで、お誘い合わせの上ご参加下さいますよう重ねてお願い申し上げます。

TOP