菜根譚11 藜口莧腸の者は

菜根譚11「藜口莧腸の者は」の原文・現代語訳

菜根譚11「藜口莧腸の者は」の原文・現代語訳を記載します。
原文 現代語訳
藜口莧腸者、多氷玉潔、衣玉食者、甘婢膝奴。蓋志以澹泊、而從肥甘喪也。 藜口莧腸の者は、氷清玉潔多く、二衣玉食の者は、婢膝奴顔を甘んず。蓋し、志は澹泊を以てして明らかに、しかして節は肥甘よりして喪うなり。

菜根譚11「藜口莧腸の者は」に出てくる言葉の意味

  1. 藜口莧腸粗食をいう。「藜」(あかざ)や「莧」(ぬめりひゆ)を吸物にして口腹を満たすこと。
  2. 衣玉食美衣美食をいう。「衣」は天子の礼服、竜の模様を刺繡したもの。

菜根譚11「藜口莧腸の者は」解説

平素、粗衣粗食に甘んじている士人には、氷のように清く玉のようなけがれのない心の持主が多いが、(これに反して)、美衣美食に奢る輩には、甘んじて奴婢のようなお追従を上位の者にする卑賤な態度の者が多い。思うに、人間の操守は、淡泊な生活によってますます磨かれるが、その気慨は、豪奢な生活によって次第に失われていくものである。

菜根譚前集(名言・要約)

菜根譚1 道徳に棲守する者は菜根譚1 道徳に棲守する者は菜根譚2 世を渉ることを浅ければ菜根譚2 世を渉ることを浅ければ菜根譚3 君子の心事は菜根譚3 君子の心事は菜根譚4 勢利紛華は菜根譚4 勢利紛華は菜根譚5 耳中、常に耳に逆うの言を菜根譚5 耳中、常に耳に逆うの言を菜根譚6 疾風怒雨には菜根譚6 疾風怒雨には菜根譚7 肥辛甘は真味にあらず菜根譚7 肥辛甘は真味にあらず菜根譚8 天地は寂然として不動かずして菜根譚8 天地は寂然として不動かずして菜根譚9 夜深く人靜まれるとき菜根譚9 夜深く人靜まれるとき菜根譚10 恩裡に由來害を生ず菜根譚10 恩裡に由來害を生ず菜根譚11 藜口莧腸の者は菜根譚11 藜口莧腸の者は菜根譚12 面前の田地は菜根譚12 面前の田地は菜根譚13 径路の窄き処は菜根譚13 径路の窄き処は菜根譚14 人と作りて甚の高遠の事業菜根譚14 人と作りて甚の高遠の事業菜根譚15 友に交るには菜根譚15 友に交るには菜根譚16 寵利は人前に居ることなかれ菜根譚16 寵利は人前に居ることなかれ菜根譚17 世に処するに一步を譲るを菜根譚17 世に処するに一步を譲るを菜根譚18 世を蓋うの功労も菜根譚18 世を蓋うの功労も菜根譚19 完名美節は菜根譚19 完名美節は菜根譚20 事々、個の有余不尽の意思を菜根譚20 事々、個の有余不尽の意思を菜根譚21 家庭に個の真仏あり菜根譚21 家庭に個の真仏あり菜根譚22 動を好む者は、雲電風燈菜根譚22 動を好む者は、雲電風燈菜根譚 前集意味 1-50菜根譚 前集意味 1-50菜根譚23 人の悪を攻めむるは菜根譚23 人の悪を攻めむるは菜根譚24 糞虫は至機なるも菜根譚24 糞虫は至機なるも菜根譚25 玲高伝傲は菜根譚25 玲高伝傲は菜根譚26 飽後に味を思えば菜根譚26 飽後に味を思えば菜根譚27 軒晃の中に居りては菜根譚27 軒晃の中に居りては菜根譚28 世に処しては菜根譚28 世に処しては菜根譚29 憂勤は是れ美徳なり菜根譚29 憂勤は是れ美徳なり菜根譚30 事窮まり勢盛まるの人は菜根譚30 事窮まり勢盛まるの人は菜根譚31 富貴の家は菜根譚31 富貴の家は菜根譚32 卑きに居りて後菜根譚32 卑きに居りて後菜根譚33 功名富貴の心を菜根譚33 功名富貴の心を菜根譚34 利欲は未だ尽くは心を菜根譚34 利欲は未だ尽くは心を菜根譚35 人情は反復し菜根譚35 人情は反復し菜根譚36 小人を待つは菜根譚36 小人を待つは菜根譚37 寧ろ渾霊を守って菜根譚37 寧ろ渾霊を守って菜根譚38 魔を降す者は、先ず自心を降せ菜根譚38 魔を降す者は、先ず自心を降せ菜根譚39 弟子を教うるは菜根譚39 弟子を教うるは菜根譚40 欲路上のことは菜根譚40 欲路上のことは菜根譚41 念頭の濃やかなる者は菜根譚41 念頭の濃やかなる者は菜根譚42 彼は富もてせば我は仁菜根譚42 彼は富もてせば我は仁菜根譚43 身を立つるに一歩を高くして菜根譚43 身を立つるに一歩を高くして菜根譚44 学ぶ者は 、 精神を収拾し菜根譚44 学ぶ者は 、 精神を収拾し菜根譚45 人々に個の大慈悲あり菜根譚45 人々に個の大慈悲あり菜根譚46 徳に進み道を修むるには菜根譚46 徳に進み道を修むるには菜根譚47 吉人は作用の安祥なるを菜根譚47 吉人は作用の安祥なるを菜根譚48 肝、病を受くれば菜根譚48 肝、病を受くれば菜根譚49 福は事少なきより菜根譚49 福は事少なきより菜根譚50 治世に処しては菜根譚50 治世に処しては菜根譚51 我、人に功あらば菜根譚51 我、人に功あらば